引越し

進学や転勤などで引っ越しを控えている方の多いでしょう。急な辞令で引っ越しなんて方もいると思います。ライフラインの電気・ガス・水道がうまくつながらないと新生活も大変なスタートになってしまいます。

今回は、引っ越しの中で必ず必要な電気・ガス・水道の手続き方法や申し込みのタイミングをご紹介します。

電気の手続き方法は?

引っ越し日の1週間から2週間前には契約している電力会社に連絡をしましょう。
電力会社によって方法もいろいろありますが、インターネットや電話、郵送などがあります。
引っ越し日を過ぎても、部屋の片づけに入る場合が1日多く解約を設定しても良いですね。その分料金はかかってしましますが。また、最後に部屋を出るときはブレーカーを下げましょう。
お住まいの設備によっては、電力会社の方と一緒に使用料のメーターを確認して、後日精算することがあります。

同じ電力会社間の契約であれば、住所変更と開始日などの変更だけで終了ですが、電力会社が変わる場合は、引き落とし口座、名義人なども手続きも必要になります。

ともこともこ

世帯人数が変わる場合などは契約アンペアなどの変更を検討してもいいですね。
また、電力も自由化されていますので、引っ越しを機にお得な電力会社やプランに変更するのも良いですね。

ガスの手続き

水道

ガスの解約
ガスの手続きは、立ち合いが必要になります。まずは、契約のガス会社に閉栓の申し込みをしましょう。年度末などの込み合う時期は希望の日時にならないことがあるので、引っ越し日が決まったらすぐに連絡をしましょう。
申し込みは、ガス会社にもよりますが、電話、インターネットなどでできます。
ガスメーターが屋外の場合は、引っ越し当日にガス担当者がガスメーターの確認をして、清算、閉栓をします。その場合は立ち合いはいりませんが、屋内の場合は立ち合いが必要になります。

引っ越し先のガスの申し込み
引っ越しをするとガス会社が変わる場合がほとんどだと思います。
口座振替の手続きや開栓手続きが必要になります。引っ越し日が決まったら、すぐに新しいガス会社連絡をしましょう。ガスの開栓には立ち合いが必要になります。口座引き落としの手続きなども必要になります。

ともこともこ

いまは、ガス会社で電力も供給している会社などもありますので、二つを含めてプランを練るのも良いですね。

水道の手続き

引っ越し

引っ越し前
検診票に記されている受付窓口に引っ越しの日時を連絡します。
当日は、水道担当者が来訪し使用量のメーターを確認して後日精算になります。

引っ越し後
転居先では、水道メーターボックスなどを確認すると「水道使用開始申込書」が添付されていますので、記入の上ポストに投函しましょう。
また、水栓が閉めてありますので開栓して使用しましょう。
水道は自治体の管轄になっていますので、不明な点は、各自治体へ問い合わせをしましょう。

まとめ

お部屋探しも終わり、引っ越しの準備に取り掛かる中で、タイミングが難しいのが電気・ガス・水道です。他にもやることがあるので混乱してしまいますよね。
引っ越しメモを作れば効率よく動けます。
新しい生活のためにがんばりましょう。

ともこともこ

電気、ガス、水道は大切なライフラインです。引っ越しが決まったらすぐに連絡をするのが良いでしょう。最低でも1週間前には連絡をしたいところです。